蓑山のサクラハイク
目次に戻る

1/2

2015.4.19

春爛漫の桜を見ながらのハイク

桜は関西の吉野山、関東と言えば蓑山と言われる蓑山は濃いピンクの山桜が多く、蓑山全体で約8,000本あり山頂まで車でも行く事ができる素晴らしい場所なのであるがあまり知られていない、今回はハイク仲間13名で思う存分サクラを楽しむことにした。
いつもそうであるように花の咲く時期を見極め日程を決め計画を立てるのはなかなか難しく、花は咲いても天候がどうかと直前まで気を抜くことができないのである、今回も目的のサクラをみるにはこの時期しかなく午後からは小雨が降る見込みであったが催行決定とする。
秩父鉄道線の和同黒谷駅には10時7分に到着、ここで降りたのは30名程でパスモが利用できないので清算にはかなりの時間がかかる。
コ−ス・和同黒谷駅(168m)〜和同採掘露店掘り跡〜箕山(587m)〜親鼻駅( 皆野駅)

山頂からの展望

蓑山山頂直下 この階段を上がれば山頂

▲ページの先頭へ
次ペ−ジへ
目次に戻る

和同黒谷駅〜和同採掘露天掘り跡〜箕山

コ−ス途中の里山風景
   桜と桃が咲く

和同遺跡跡記念碑前で

和同黒谷駅

歩きだして間もなく十二単衣を見かける

山頂からの展望

蓑山山頂風景

山頂からの展望 遠くに見えるのは武甲山
     手前の白い花は雪柳

蓑山へのハイキングコ−ス
  比較的歩きやすい

里山風景と秩父連山を見ながら一休み

途中で見かけた桃の花

蓑山山頂風景

素晴らしい桜林

山頂近し