栗駒の紅葉登山

1/2

目次に戻る

台風23号の影響で雨と強風で登山を中途までで断念
     中尊寺と毛越寺を観光

2015.10.1〜2
ハイク仲間9人で紅葉の綺麗な栗駒山(1,627m)の登山をするべく2ヶ月以上前から計画を立てたが、あいにく台風23号の影響で風雨が吹き荒れ中止にするか迷いにまよったが往復新幹線の座席指定をとり、ホテルも宿泊等前日になってキャンセルもできず、登山はできなくても身支度はそのままで観光を主体として催行することにした。
1日は東京駅の新幹線改札口にはかなり遅い11時20分に集合、栗駒高原駅には14時02分に到着、すぐに迎えのハイルザ−ム栗駒ホテルの車でホテルに向かう、本来ならば明日を登山と考えていたが、明日は台風のによる悪天候が予想されていたので、少しでも栗駒山の雰囲気を楽しめれば考えホテルを通過し「いわかがみ平登山口(1,113m)」まで送ってもらうことにした。登山口には15時10分過ぎに到着する、濃霧と小雨模様の強風であったが往復1時で登山口まで戻ってくることにした。登山道は少し荒れてはいたが緩やかな登りで紅葉した木々が綺麗であった。登山としてはもの足りないが明日は多分登る事はできないかも知れないので止む得ない。この時点で明日の登山は中止と決定。
2日 風は一晩中吹き荒れ、時々土砂降りの雨が降っていたが明け方近くには雨が止み時々薄日もさしてきた、相変わらずの強風で時々黒い雨雲が早々に流されていく。
朝食後は平泉駅までホテルで送ってくれることになり、10時にホテルを出発、ホテルの玄関前で車を待つ間も寒さの中、強風で吹き飛ばされそうである。平泉駅に着いたのが11時過ぎ、この頃になると青空となりもう半日早く天気が良くなればと悔やまれるが、山は黒い雲がかかっているのでまだ雨が降っていることにしょう。
駅前の蕎麦屋で昼食後、荷物は駅前の一時預預かり所へ、そしてコミニュテイバスで15分程乗り中尊寺に出かける。
その後は、バスで移動し達谷窟毘沙門堂〜毛越寺〜平泉駅へ
戻り、電車で一の関駅へ17時47分発の新幹線で東京に戻る。

東京駅ホ−ムで新幹線待ち

新幹線の中で
お弁当を食べる

くりこま高原駅前から迎えの車に乗車

東京駅〜栗駒山登山

▲ページの先頭へ

ここで引き返す

目次に戻る

東栗駒コ−スへの登山口
だいぶ荒れている

モミジも真っ赤に色づいて綺麗

途中で見かけたナナカマドの紅葉

ゴ−ル予定地点

スタ−ト地点
中央コ−スを予定

次ペ−ジへ

いわかがみ平で
濃霧で眺望悪し