三浦半島久里浜のコスモス&三崎のマグロ・マリンパ−クのハイク
目次に戻る
2015.10.15

美味しい三崎のマグロ

秋と言えばコスモス、ハイク仲間でたまには花を見てマグロ等も食べたいとの話しが急浮上、今回は久里浜の「くりはま花の国」を歩き、三崎でマグロを食べに行くハイク?である。京急電鉄で食事・往復旅費・レジャ−券付きの「みさきまぐろきっぷ」なるものが販売されていて、品川駅から交通費・食事・レジャ−施設も含み3,060円とはかなりお得感もあり使い出かけることにした。
                                              三崎港
マグロは三崎港、城ケ島付近、油壷、三浦海岸で25店舗あり、それぞれ店によりマグロ丼や寿司等食べるものは決められている。我々は三崎港の鮮味楽でマグロ丼を食べたが美味しい丼であった。その後水中観光船に乗ろうとしたが満員で2時間待ちとのことで、キップで使えるレジャ−施設は8ヶ所あるが油壷にバスで移動し京急マリンパ−クに行くことになる。

駅から歩いて10分程

京急久里浜駅前

目次に戻る
▲ページの先頭へ

鮮味楽でマグロ丼

                                          くりはま花の国
園内のガイドブックによれば583,330平方メートルと言う広大な敷地に、自然を保護しながら緑豊かな自然とのふれあいができる場所で、首都圏の花の名所として有名なコスモス・ポピー園、ゴジラの滑り台ほかアスレチックなどがある冒険ランド、130種約3万株のハーブ園と足湯「湯足里(ゆったり)」、大人も夢中になるパークゴルフ場、展望台がある芝生広場、各県の木を集めた県木の広場、樹木園、つばき園がある。

ここの入園料は1,700円もするのである

                                         油壷の京急マリンパ−ク
ガイドブックによれば、園内ではエリアごとにいろんな生き物や珍しい展示をみることができ、 大型のサメを常設する「魚の国」、全天候対応型 屋内大海洋劇場ファンタジアム 、三浦半島の自然がつまった「みうら自然館」、話題の三崎マグロを味わえる「三崎マグロのレストラン Log Terrace」などなど、楽しさいっぱい!その他にもイルカのプールやあしか島、かわいいペンギンたちが暮らすペンギン島などもみることができる。

三崎港前

緩やかな斜面にコスモスが植えてある

仲睦まじいペンギン

仲良く寄り添って

もう七五三の時期である

コスモスは満開 一週間後には摘み取られる

コスモスの花に囲まれて