三浦富士ハイク
目次に戻る

1/2

2017.2.15

駅から近いのに山深い感じのするコ−ス


左と右を比べると比べるとスタ−ト地点は同じで京急長沢駅でゴ−ルも
津久井浜駅であり、三浦富士〜円覚寺近くまでも同じ。
京急案内・前半は一般道〜ミカン畑、後半は津久井浜観光農園に立ち寄り
ガイドブック・前半は山の稜線  後半はキャベツ畑を抜ける
前半のミカン畑、山の稜線歩き、後半のキャベツ畑、観光農園も捨てが
たいのである、女性には帰りに立ち寄る地元野菜も魅力の一つである。

ピ−ク地点に眺望はない

今日は2月15日 初午

武山山頂(200m)

展望台からの三浦海岸の眺望

武山山頂にはツツジが
多く植えられている

鐘 楼

目次に戻る
▲ページの先頭へ
次ペ−ジへ

私も地元の参列者に
進められてお参りをした

良く見れば神仏のお札類の焚き上げをしている

なんとなにやら燃やしている

地元の人たちが集まっている

なにやら声がするので
近づいてみると

武山不動院

なんと車が止まっている
自動車道路があるらしい

砲台跡(204m)

武山

急な階段を登れば武山山頂

分岐点まで戻る

砲台の台座跡

分岐点
右は砲台跡
左は武山

展望台からの眺望

      展望台
以前はここに野良猫が何匹もいた

樹々の間から
武山山頂が見える

歩きやすい道

樹々の隙間から

木の根が多く歩きにくい

三浦富士(183m)

三浦富士〜砲台跡〜武山へ

三浦富士山頂から望む三浦海岸

三浦富士山頂からの富士山はうっすらと

三浦富士から

3776mとは

浅間神社奥宮

浅間神社の
標識も
傾いていた
昔の登頂碑
もある

ここから急登な階段

急坂を登りきると
右側のYRP駅から
の道と合流

快適な尾根道が続く

歩きやすい道がしばらく続く

急坂を降りるとすぐに合流

左に進むと小高いピ−クに
右に進むと平坦な路

道が平になってきた尾根道

急な路を柵沿いに進む
 樹々が鬱蒼と茂り薄暗い

平和母子像から望む東京湾(浦賀水道)

1977年9月27日 
米軍機が横浜に
墜落、その悲惨な
事故を許さないと、
碑が立てられた

解放戦士の碑
平和母子像入口

後ろを振り返ると
    何棟もの団地が見える

少し歩きマテバシイ
の林に入り右に進む

団地わきの階段を登る

京急長沢駅前

京急長沢駅〜三浦富士までの道

2月のハイクの下見として平日であるが三浦富士の下見に出かけた、京急電鉄で駅に置いてあるコ−スで歩くか、ハイクの案内書で歩くか直前まで迷った。なぜかと言うとコ−スが微妙に違うのである。どこでもそうだが人家近くのハイクコ−スは標識がしっかりしていないと意外と分かりにくいのである。京急のコ−スは今まで何度なく歩いているがところどころ標識がなく迷うことも度々なのである。

ゆるやかな階段の道となる