日の出山周辺はヤマツツジが多く
          新緑とのバランスも良くみごたえあり

屋根は茅葺き
周りは現代風の家

▲ページの先頭へ

都会の公園等で見るのとは
やはり違いますねえ

ヤマツツジの群落が急に多くなってきた

山頂直下も手入れが行き届いている

山頂からしばらくはこのような
階段が続く、良く整備されていて
歩きやすい

御岳山頂駅(御岳平)から望む

左に見えるのがつるつる温泉
15時20分予定よりも早く着いた

目次に戻る

道も広くなりルンルン気分で歩く

地図で言うと炭焼き小屋辺り
だがそれにしては立派すぎる

高低差200mを
35分で下った
が歩きやすい道

14時40分

14時59分

14時25分

日の出山から1km ?
歩いた、つるつる温泉
まであと2.5Km

この新緑の素晴らしさ身も心も緑色に

快適な道が続く

下山路はところどころ
植林地が伐採されて
眺望が良くなっている

麻生山が高く見えてきた
だいぶ下ったようだ

東雲山荘前からの眺望

東雲山荘前から麻生山(794m)を望む

日の出山頂からの眺望 晴れていれば素晴らしいのに

きれいなツツジです

日の出山山頂

日の出山(902m)

急にツツジが多くなってきた

もう少しだ頑張れ

東雲山荘前から階段を
登れば間もなく日の出山

東雲山荘 今日は人が居ない

間もなく東雲山荘

植林地が続く

上養沢分岐
何の門かは不明

枯れ木だが大きく
捻じれたコブ

歩きやすい道

国民宿舎 ここを斜め右下にコ−スをとる

イヌシデの実

ここの場所はいつも
花が咲いているのだが

新緑のなかを歩き出す

御岳平で

御岳平の藤は今が見ごろ
あまり手入れがされていない

御岳ケ−ブルカ−山頂駅で

御岳ケ−ブルカ−が
ふもとの滝本駅に到着

御岳ケ−ブルカ−のふもと駅で
ここはパスモが使える

御岳山・日の出山ハイク
目次に戻る
2017.5.14
日頃のハイク仲間7人で奥多摩の御岳山・日の出山のハイクに出かけた。当日は曇天で今にでも小雨が降りそうな天気であったが何とか雨にも降られず、日の出山を過ぎるころからは時々薄日もさしてきた。日の出山周辺の新緑は素晴らしくヤマツツジの赤とのコントラストがきれいであった。日の出山は人気コ−スなのか多くのハイカ−で賑わっていた。日の出山頂からの下りはいくつもの階段が続くがよく整備されいて歩きやすかった。

14時48分

顎掛岩

クロモのもみじと書かれている

東雲山荘前のテ−ブルを借りて昼食

この辺りからヤマツツジが見られるようになる

有名な神代杉 この上が茶店通り
ここを左にコ−スをとる