高尾山ハイク

久しぶりの高尾山 あいかわらず多くのハイカ−で混雑
                     それにしても静かな裏高尾コ−ス

なんとバス停に着いたら30人ほども
並んでいる、バスは満車で通過
しばらくするとバスが3台
続いて、駅方向から登ってきた
私は小仏バス停まで乗車し、折り返し
て乗車し高尾駅に向かう

この日は300人程が小仏
から下山予定らしい

なんと日陰沢林道の近道は
通行止めの標識が・・・ 
しかし、ここで偶然にも下から
登ってきた人がいて通行できます
よとの事、失礼して下ることにした

山頂から階段を
下ると5号路と合流
ここから裏高尾となる

右の道を歩く

高尾山〜日陰沢へ

山頂はいつも人がいっぱい

目次に戻る
▲ページの先頭へ

3号路、5号路の合流点 山頂も近い

この道は地図に載っていない道で
一般の人は通行しないのである
もちろん標識もない

静かな道である

工事現場を通過

日陰沢林道

ハイカ−の為の湧水

舗装されている個所もあった

スケッチをしている
ハイカ−のパ−ティ

バス道路に出た

今来た道を振り返ると

ここで20分程ハイカ−と談笑
私達のクラブに入会したいと
言われ、連絡先を教えたが
少し無理のような気がする

なにやら柵が 

工事個所の表示

工事個所は200mほどの区間

良く見ると谷側の樹に、山側から
沢側に並べた丸太を固定し
道を広げてキャタピラ車が通行
できるようにし道を確保

工事現場

後ろを振り返ると今降りて
来た階段が続く

山頂から東南方向を望む 

ここから階段

琵琶瀧で修行をする行者さん

ケ−ブルカ−山麓駅(清瀧)前の広場

道は狭いがしっかりしている

ハイカ−に訴えるマナ−標識

途中で日陰沢林道に
下る道の工事中の
標識、しかし、よく見ると
休工中の表示が

分岐点の右側の道を選ぶ

しばらく歩きまた右の細い道を歩く

上は高尾山山頂

長期間の栽培はできない
移植は困難ですぐに枯れて
しまうそうで、珍しいラン

残念ながら富士山を望むことはできなかった

高尾山山頂

ふと上を見上げると空が
みえなくなるほどに緑が濃い

ようやく一息つく平地に
ここはベンチも完備
お弁当を食べる家族連れも

階段は続く

ここから直進し飛び石が続く

水が流れる飛び石伝いに歩く

途中で見かけたトンボ

6号路

琵琶瀧

6号路入口

高尾山口駅〜ケ−ブルカ−山麓駅前へ

高尾山口駅

目次に戻る
2017.6.4
昨年の10月以来の久しぶりの高尾山、日が長いこの時期のんびりと東京を出発することができる手頃な山である。高尾山口駅についてのは10時半、身支度を整えてと言っても大したことはない。駅前の大きなコ−ス地図を見ながら今日はどこを歩こうかと言う感じである。天気が良くとにかく暑い。そうだ山頂から裏高尾の日陰沢に下ってみようかなと考えながら、登山電車前の山麓駅を横目に見て6号路に向かう。

1号路との合流点
あと2〜3分で山頂へ

だいぶふもとに降りてきたら
きれいな采配蘭が咲いていた
先程のよりも花がきれい

山頂は狭いのに店が2軒も新設された

  采 配 蘭
戦場で指揮官が兵を
指揮する采配に似て
いるので名づけられた