奥多摩 山のふるさと村ハイク

奥多摩湖のドラム缶橋を渡りふるさと村へ

目次に戻る

2018.6.3

天候に恵まれた日曜日にぶらりと奥多摩のハイクに出かけた。三頭山に登るつもりでいたが青空のもと電車に揺られている外の景色を眺めているうちに、風もほんとんとなく、そうだ奥多摩湖のドラム缶橋を渡ってみるのも良いなあとなんとなく考えて、ドラム缶橋が現在通行できるか奥多摩駅前の観光案内所でいろいろと調べていると、大勢のハイカ−が降りた駅は閑散とし人がほとんどいなくなり、9時半発の小菅行きのバスに乗車。
奥多摩湖ではほとんどのハイカ−が下車し、奥多摩湖の湖畔を走る頃には車内は数名となる、私は小河内神社バス停で下車。
その後は、湖畔から階段を降り、心地よいそよ風を浴びながらドラム缶橋を渡り、「山のふるさと村」まで樹々の間から奥多摩湖を眺めながら、1時間足らずの湖畔散策路を歩く。
「山のふるさと村」は東京都立奥多摩湖畔公園にあり、ビジタ−センタ−併設の体験型施設がいろいろとあり、家族連れで楽しめる場所であるが、近くには公共交通手段がなく、マイカ−か奥多摩湖バス停からの送迎が必要となる、不便な地域にある。
帰りは同じ道を小河内神社バス停まで戻り、奥多摩湖の湖底に沈んだ神社を合祀した、「小河内神社」に立ち寄り、今は休館となった「鶴の湯温泉 馬頭館」から湖底に沈んだ幻の温泉をしのぶ。

パワ−スポットと言われ人気がある

天照皇大神、広國押武金日命、伊弉那美命、
貴船大神、大山祇神、火産霊神、

速玉男命、事別之男命、高皇産霊神、
熊野三神、加茂別霊神

小河内ダムの底に沈んだ、
小河内村の神社を集めて
合祀された神社。

小河内神社

鶴の湯温泉 馬頭館は休館

鶴の湯温泉 馬頭館より奥多摩湖を望む

小河内神社近くより奥多摩湖を望む

湖畔散策路を戻り橋を
渡って小河内神社へ

山のふるさと村を
バンガ−あるところまで歩く

ビジタ−センタ−

この付近は野猿が多い

山のふるさと村が見えてきた

奥多摩ダム堰堤近く

奥多摩湖

奥多摩駅前バス停

小河内神社

鶴の湯温泉より望む

鶴の湯温泉より望む

小河内神社より望む

小河内神社

時々奥多摩が見え隠れする

湖畔に沿って歩く

ドラム缶橋で対岸に渡り 鶴の湯温泉の馬頭館を望む

ドラム缶橋で

ドラム缶橋より上流を眺める

通称ドラム缶橋 風もなく水面は静か

小河内神社バス停

奥多摩湖

奥多摩駅

▲ページの先頭へ
目次に戻る