2007.10.7
目次に戻る
ハイキング、登山
コ−ス途中で住宅に阻まれ歩けず
快晴の日曜日、多摩丘陵のハイクに出かけた。京王線の高幡不動駅〜野猿峠までを歩くことにした。
このコ−スは、以前は東京近郊の花形ハイキングコ−スとしても有名であった。宅地開発でコ−スが分断されてしまったが、コ−スと園地を繋いで歩くことができる比較的起伏の少ない、市街地と奥多摩、丹沢の眺望を楽しめる標高差199m、歩行距離約9キロ、歩行時間3時間半程度の丘陵コ−スである。
高幡不動駅前からすぐに高幡不動尊の参道があり、商店街の100mほど先に豪壮に仁王門がすぐ見えてくる。
     高幡不動駅前から商店街が続く      商店街からすぐに高幡不動尊が
目次に戻る
    長沼公園入口 
    きれいに整備されている
  長沼公園の展望台から    この付近が野猿峠 ?
ようやく長沼公園にはいる、ここは東屋もあり休憩にはもってこいである、この頃より曇天となり風も強く肌寒くなってくる。やっと野猿峠に到着、しかしここが峠だと言うはっきりした場所はわからなかった。
野猿峠バス停からバスに乗り京王線の平山城跡公園駅に着く。
多摩動物園の柵沿いは木々に覆われて薄暗く粘土質で滑りやすい。コ−スは左手に多摩動物達の鳴き声や園内を歩く人の姿もチラホラみながら丘陵の尾根を歩く。木々のすきまから時々近くに住宅街が遠くには多摩の山々が眺められる。しかし途中で尾根コ−ス上に私有地を主張している住宅地があって、一旦住宅街に下りるのであるが標識もなく住宅街は迷路のようになっていて再び道に迷う。
       不動ヶ丘からの丘陵コ−ス           住宅街にはいる
しばらく雑木林の山道らしいところを歩く。住宅街にでると電柱やコンクリ−トの壁には矢印がでている。しかし、途中から標識を見落としたのか?山道(多摩動物園の柵沿いを歩く)に入るコ−スを間違えてしまった。住宅街のなかで右往左往、地元の人に聞いてもはっきりせずかなり時間的なロスをしてコ−スに戻る。良くあることだが住宅街に入るとコ−スがわかりにくい。
土方歳三家の家伝薬のミソソバ   多摩丘陵へのコ−ス入口  不動ヶ丘にある高幡城本丸跡
境内にはいり裏手の小高い丘(不動ヶ丘)を目指してアジサイ園のなかを歩く。ここには八十八ヵ所巡礼コ−スもある。不動ヶ丘は昔、山城があったところで今でも城跡が残っている。
ここは交通安全祈願として有名で、真言宗智山派別格本山、高幡山明王院金剛寺は古来関東三不動の一つにあげられ親しまれている。重要文化財にもなっている仁王門は室町時代に建てられたもので歴史の深さを感じる立派なものである。また新撰組副長の土方歳三(1835年〜1869年(明治2年)とは縁が深く、境内を入ってすぐに大きな像が立っている。
▲ページの先頭へ
今回は標識も途中で途切れ全コ−スを歩くには詳細な案内図がないと難しい、今は不人気で途中すれちがったパ−テイも数組であった、ハイキングコ−スとしてはお勧めでない。
  ようやくコ−スに戻り「みはらし公園」へ
          ここは小鳥が多い
      「みはらし公園」からの展望
   丘陵コ−ス 左手は多摩動物公園           七生公園入口 
  この先少し歩いたところでまた住宅街となる
      都立平山城跡公園入口 
      ここから右の道が丘陵コ−ス
    都立平山城跡公園の散策路
     突然梶で焼けた建物が現れる    丘陵コ−スの尾根道はここでストップ
          再び住宅街へと下る
     高幡不動尊入口    高幡不動尊の五重の塔    土方歳三の銅像