榛名富士登山
2008.7.18〜19
目次に戻る
雨のハイクもまた楽し
山仲間13人で榛名富士(1390m)の登山にでかけた。
18日は平日と言うこともあり午前7時8分東京駅発の新幹線はガラガラであった、天候は曇りで今にも雨が降ってきそうであった。ちょうど1時間で高崎駅に着くここからは20分待ちで榛名湖行きのバスに乗る。なんと群馬バスはバスカ−ド5,000円で1,100円も余分に使えるのである、途中ガヤガヤ計算しながらバスの操車場でカ−ドを購入するこれは思ったよりもバス代が安くなった。
天気は晴れてとにかく暑く冷房のきいたバスに入るとほっとする。
バスは我々だけとなり1時間20分程で榛名湖湖畔の終点に到着、しかしなんとあいにく雨が降ってきた。
全員カッパを着用となる榛名湖の対岸の榛名富士は雨で霞んで見える。
この季節に榛名湖と言えばユウスゲが有名である、われわれは小雨模様のなかユウスゲの散策路に向かう雨が少しづつ小降りとなり散策路入口の小屋で小休憩となる、榛名富士が先ほどよりもはっきりと見えてくる。散策路は木道となっていて歩きやすい、ところどころに黄色のユウスゲや草原の花々がさいていた。しばらく歩き榛山ロ−プウエイで山頂まで上がることになりコ−スを変更する。

ロ−プウエイは二連結で珍しいタイプであった、客は我々だけで定刻までしばらく待つ。
乗車後3分ほどでロ−プウエイ山頂となる、やはり視界は悪くかなりガスっている、ここから富士山神社までわずかである。赤城山や白根山も見えるらしいが遠く霞んでいる。
時間は12時20分ここから榛名湖湖畔の元湯まで下り昼食をとることになる。
歩き始めてまもなく大きな岩がゴロゴロした急坂の下りとなり雨でスリップしやすく注意をしながら歩く、いつしか雨も止み40分程で湖畔にたどりつき今夜の宿である元湯前で遅い昼食をとる。
しばらくブラ
ブラしているうちに3時前にチェックイン可能となりまず風呂にはいる。
部屋はすべて湖畔側で眺望は大変良い。楽しい夕食の宴会は6時からでそれぞれ今日の反省と楽しい思い出で懇親を深める。

翌朝は5時に目が覚める、晴天で絶好の登山日和である。私は温泉に入り汗を流しCさんを誘って6時頃より湖畔の散策路を歩く、朝の散策は気持ちが良い湖畔には釣りをしている人がかなりいた。
今日は榛名富士に登山するとこになった、9時半前に出発し1時間ほどで山頂に到着する、他の班と合流し昨日とはうってかわって天気がよく眺望も素晴らしい、しばらく山頂の展望を楽しみ10時過ぎに下山を開始し1時間ほどでビジタ−センタ−に着く。
ここで昼食をとりビ−ルで乾杯。湖畔のバス停まで歩き2時半の高崎行きのバスに乗る。
目次に戻る
▲ページの先頭へ
ロ−プウエイ山頂から麓への道で
ロ−プウエイ山頂から榛名湖を見下ろす
榛名富士の富士山神社わきからの眺望
 
相馬山
二ツ岳
ロ−プウエイ山頂で
榛名富士への最後の登り
カヌ−を楽しむ学生
湖岸に咲いていた花
湖岸を散策
早朝の散策で釣り人を見かける
部屋からの眺め
19日
お疲れさまです
元湯の客室からの眺め
榛名富士から元湯への下山路で
榛名富士にある富士山神社
富士山神社のわきで
ユウスゲの道で
ユウスゲと榛名富士
途中で見かけた花
雨に煙る榛名富士
雨の中の湖畔を歩く
武久夢二の歌碑
雨のスタ−ト 榛名湖バス停で
18日
初めて見た不思議な木