ハイキング、登山
1/2
2008.11.29〜30
晴天に恵まれた11月29〜30日にかけて早川町で陶芸作りに行ったのだが私は今回は陶芸をやらずにハイクを愉しんだ。29日は大井町駅を午前7時に出発、途中で2班に別れ2台の車でヴィラ雨畑に向かう。
ところが中央高速の釈迦堂パ−キングで車を運転することになった、このグル−プで車の運転は初めてである右側から運転席に乗り込もうとしたら運転席は左だよと言われてびっくり ! なんと左ハンドルのベンツではないか一瞬たじろいだが運転する人がいないのではどうしようもない、人が乗り込むとすぐに出発である。
ところが計器類の表示は全てドイツ語?で表示されている、すでに高速道路を走りだしているのでいろいろ試すわけにもゆかず四苦八苦であった、また車幅は広いし右側の間隔がつかみにくく助手席に乗っていたSさんは不安だったと思うがとにかくなんとか無事ヴィラ雨畑に着いてほっとする。
早々に弁当を持参しハイクに出かける、Cさんが知っていると言う老平集落の裏山の尾根を一周する我々としては初めてのコ−スである、集落の裏に登ると雨畑湖を一望する眺望の良い地点を通過、キャンプ場を通りしばらく歩くが途中で踏み跡がはっきりしなくなり急斜面を横にトラバ−スする危険な道?になり引き返す。集落まで戻り奥沢林道の終点の金鉱跡を訪ねる、往復2時間のコ−スである。
二日目は朝食後に昨日のキャンプ場からの尾根一周コ−スに挑戦するが、時間のこともあり中途で引き返す。
このコ−スは再度挑戦したいと思っている。
目次に戻る
       岩肌がここだけ
濃いグリ−ンに彩られて不思議
奥沢林道を歩く 老平集落〜金鉱跡
落ち葉の道 足に心地よい
老平の裏山から老平集落と雨畑湖を望む
中央自動車道の釈迦堂パ−キングで北アルプスを望む
早川町  老平集落〜キャンプ場の展望台
急斜面を歩く
ここで引き返す
キャンプ場
キャンプ場
高速道路で突然ベンツを運転することに
目次に戻る
北岳
初冬の淡い日差しが差し込む奥沢林道
▲ページの先頭へ
草紅葉と落ち葉の奥沢林道を歩く
すばらしい紅葉にしばし見とれる
老平の裏山から老平集落を望む
キャンプ場への道
コ−ス途中にモグラが
老平集落と雨畑湖を望む
冒険コ−スハイク入口
鳳凰三山
間の岳
農鳥岳
甲斐
駒ケ岳
老平集落の裏山には急斜面にもかかわらず手入れされた茶畑が
宿舎
老平集落