途中での展望
    金時山山頂
雲がでてきて視界が悪い
山仲間と今年も忘年山行として箱根の一泊登山に出掛けた。
初日は金時山(1,212m)に登ったが山頂近くになると曇ってきて富士山はみえず残念、その後明神ヶ岳近くまで行き宿舎の明神平別荘地まで歩く、翌日は終日天候に恵まれ小涌谷駅から浅間山(802m)経由で箱根湯元駅まで湯坂道を歩いたが紅葉がとても素晴らしかった。
宿からの眺望
第1日目
第2日目
     金時宿り石  
大きな岩を木の棒で支えられる
訳はないがなぜか多くの棒が
スタ−ト
千条の滝
1時間近く下りようやく
別荘地が近くなってきた
金時神社前
明神ケ岳が近くなってくると
右側が開けてきたこの先で
下りとなる下山路がススキに
覆われて判りにくい
陽もだいぶ傾いてきた
別荘地はどこも綺麗に整備されて
歩きはじめは
比較的楽だが
目次に戻る
多少ぬかるんでいる登山道
両側は笹に覆われて眺望悪し
山頂から戻る
宿で出た夕食と朝食
どこまでも続く紅葉とススキの道
紅葉に木々に囲まれた快適な道が続く
素晴らしいきれいに紅葉したモミジ
箱根登山鉄道はスイスのレ−テッシユ鉄道の
ベルニナ線がモデルになっている
 金時山山頂で
▲ページの先頭へ
ゴ−ル
仙石バス停から金時山登山口の
金時神社入口に向かう
快晴で登山日和
金時神社前の駐車場
登りもきつく大きな根が
登山道に張り出して
仙石原
ススキヶ原
大涌谷の噴煙
神山と駒ヶ岳
神山と駒ヶ岳
強羅駅前
箱根登山鉄道と箱根ケ−ブルの
起点となっている
スタ−ト
ゴ−ル
今回歩いた湯坂道
小涌谷から10分ほど歩いた坂道から
金時山
明神ヶ岳
ここから下った
   
昨日歩いた道
千条の滝の前にはかなりの落ち葉が
紅葉した木々
浅間山山頂
浅間山山頂付近は紫陽花が多い
紅葉の道を歩く
ススキも綺麗
見慣れない蝶が
緑と黄色と
赤のコントラストも
すばらしい
湯元温泉についた
分岐点から下る
標識も不鮮明で
判りにくい
矢倉沢を過ぎて
火打石岳と明神ヶ岳方向を望む
このあたりは紅葉の見どころが続く
しばらく眺望が悪い
分岐点から下り
初めは藪で道が悪い
ススキ道が
続く
山頂直下
はきつい登り
ハイキング、登山
2009.1120〜21.
箱根の一泊忘年山行
目次に戻る