ハイキング、登山
2010.1.6
ハイク仲間で行く下見を兼ねて多摩青梅の七福神巡りをする、天気の良い絶好のハイキング日和であった。
七福神のコ−スとしては2通りのコ−スがあり
.@.青梅駅〜延命寺〜宗建寺〜玉泉寺〜清宝院〜地蔵院〜明白院〜聞修院〜青梅駅
A.逆回りコ−スでスタ−ト地点が東青梅駅〜青梅駅とあり、この方が聞修院までの間に変化があるが歩行距離も長くなるので
、今回は@.コ−スで七福神巡りをした。
今時珍しい「メダカ」専門店
七福神を全て廻るにはのんびりしていられない
目次に戻る
多摩川  
青梅七福神は多摩川を4回渡らないと廻れない

        徒歩約5時間

青梅駅〜(5分)〜延命寺〜(1分)〜宗建寺
〜(30分)〜玉泉寺〜(45分)〜清宝院
〜(15分)〜地蔵院〜(40分)〜明白院
〜(55分)〜聞修院〜(35分)〜青梅駅
ミツマタコウゾ
も蕾が多きなってきた
仲むつまじい像

支えあい 分かちあい
ともに生き 
ともに楽しまん
▲ページの先頭へ
創建は不詳、幾度となく火災にあい現在のご本尊は成田新勝寺のご本尊を御丈四尺に刻みここに安置したもの
清宝院
玉泉寺
文保年間創建でご本尊は十一面観音文保年間創建
途中で見かけた「雪おんな緑の地の碑」とメダカ専門店
右上の蛙は むかえる(六蛙) で大きな蛙に子ガエルが乗っている
若返る  栄える  よみがえる  福にかえる  無事かえる  良く考える
以前は浄土宗のお寺であったが、現在は臨済宗となっている、弘法太子の御作といわれる毘沙門天が安置されている
延命寺(大黒天)
応安2年創建で釈迦如来がご本尊、インドの形態で描かれた招福大黒が秘仏として本堂に納められている、1月15日まで一般公開
青梅駅前
チョット見にくいが
古い映画の看板を掲げて
祭り用品を売っている店
今回歩いたコ−ス
目次に戻る
この日は都心の最低気温が3℃
ここでは店の主人の話しでは
氷点下3〜4℃で氷が張っていた
多摩川にかかる調布橋のたもとに
なぜか「雪おんな緑の地」
と記した碑がある

創建から火災に遭うことなく
600年の歴史を伝えている
境内にはなぜか
5Kと10Kの石が
置いてある
宗建寺(毘沙門天)
青空に映えるみごな五重の塔
本堂
   
マンリョウも咲いて
ご本尊
本堂
むかえる
  六蛙
ご本尊
調布橋からみた多摩川
本堂
恵比寿尊
本堂
万年橋からみた多摩川
1/2