湖畔を少し歩いて
から登山道に入る
ダムの堰堤を渡り急な
階段を登り登山道に入る
コ−スもある
  奥多摩湖
午前10時スタ−ト
目次に戻る
ようやく境橋の
バス停に到着
午後3時半
御前山から境橋へ中腹の北斜面は
体験の森として、三頭山の都民の森の
ような大規模な整備をしている
ようであったが、標高もあり交通が
不便で人影はなくかなり荒れている
御前山から避難小屋への道
ここもハシリドコロが多い
御前山のカタクリは落ち葉に
埋もれるよう咲いている
まもなく惣岳山
急にカタクリが
多くなる
この辺りは毒草のハシリドコロの群生地
御前山が見えてきた
サス沢山を通らないで近道へ
しばらく舗装された林道を歩く
前を歩いている人は御前山で今晩
宿泊するとのことで大きな荷物を背負っている
登山道に入ると間もなく
杉林の中の
急登が延々と続く
ここまでくればサス沢山も近い
▲ページの先頭へ
ハイキング、登山
2010.5.3
目次に戻る
30年ぶりの御前山
この辺りには約17頭の鹿がいて
近年食害が多いと云う
初めて見た花
突然行く手に荷物運搬用の
モノレ−ルが道を横断
咲き始めたばかりのニリンソウ
まだ木々が芽吹いたばかり
かすかに御前山らしき山が
急に岩が多くなってきた
この辺りからチラホラとカタクリが咲いていた
   惣岳山(1,341m)まだまだ冬景色
    ここから御前山は20分ほど
御前山は目前
惣岳山と御前山の中程には
境橋へ下る分岐点もある
歩きやすい快適な道
御前山の眺望
ニリンソウ
  湧水の広場前での眺望
六ツ石山〜奥多摩駅に続く石尾根?
ようやく木々の緑が
この時期は奥多摩の御前山は多くのカタクリの花が咲くことで有名であるが、天候も良いので明日(5月4日)に数人で登山をすることになっているがなにしろ御前山は30年ぶりになるのでカタクリの花の写真をとり下見を兼ねて登山することにした。急登がありどちらかと云えば健脚向き、カタクリの花は多い
コ−ス・奥多摩湖〜サス沢山〜御前山(1,405m)〜御前山避難小屋〜栃寄りの大滝〜境橋〜(バス)〜奥多摩駅
  栃寄ノ大滝
まあまあ見ごたえがある