ハイキング、登山
2010.9.27
目次に戻る
今回歩いたコ−ス
雨に濡れた彼岸花
なぜか大使や議員の
献木がやたらと多い
雨が止んで良かった
雨が降り平日と云うこともあり
人はあまりいない
いたるところにある
少しやりすぎ
曼珠沙華とコスモスはちょうど見頃
日頃のハイク仲間8人と巾着田の曼珠沙華とコスモスを見に出かけた、2日前までの予報では天気が良いと思っていたのに夜中から明け方にかけて土砂降りの雨となり、朝になってもやまなかったが小雨決行にしていたので巾着田の里山コ−スを歩いた、幸い途中から霧雨となり曼珠沙華とコスモスを見る頃には雨もほとんどあがった。曼珠沙華の早咲きはちょうど満開で素晴らしく充分楽しめた。コスモスは8月10日頃に種を播いたとのことでまだ蕾が多く背丈も低かった。
木の幹に彼岸花が
巾着田
大鳥居
高麗駅前
目次に戻る
コスモス畑も満開
樹齢400年の
シダレザクラと
高麗の民家
本堂前で
                                                 高麗神社
西暦716年朝鮮半島から中国にいた大国高句麗人1,799人が日本に渡り、東国武蔵野に入植し原野の開拓にあたった、高麗王若光の没後に郡民はその徳を偲び霊廟を建立し高麗明神として崇めた。
                                                 聖天院
奈良時代より続く真言宗の古刹、御本尊不動明王(胎内仏弘法大師作)をはじめ、高麗聖天として多くの信仰を集めた歓喜天、鎌倉期作の阿弥陀三尊、平安期作の聖観世音菩薩等がある。
▲ページの先頭へ
綺麗に咲いた
昔鉄道が通っていたのか?
民家で見かけた白色黄色等の彼岸花
里山コ−スの中途で
今回は高麗駅から里山コ−スを歩いたが途中多少ショ−トカットした
高麗駅〜高麗神社への道
   野菜等を売っていた
サボテンの花の跡
沿道にも彼岸花が
この付近はなぜか
観賞ナス?が多い
右は地下女将軍
左は天下大将軍
と書かれてある