雪の浅間尾根ハイク
目次に戻る

2005.2.20

払沢の滝は一部しか凍結していなかった

      浅間尾根登山口入り口前バス停で               一本松付近で
    
      霧が深くなった浅間尾根休憩所で               払沢ノ滝前で
山仲間6人で奥多摩の浅間尾根を予定していたが、2前日には都心は雨であったが奥多摩は降雪となった。
今朝起きると天候は晴れ今日はまあまあかなと思っていたら、9時少し前に待ち合わせの武蔵五日市駅に着く頃には小雨模様となる。
9時ちょうどのあまり混んでいないバスに乗ること約1時間、浅間尾根登山口で下車するが道路の端や周囲の山々は前日の雪で真っ白である。バスの待合所で早々にアイゼンを着用し10時にスタ−トする、100m程戻り舗装された林道登山道へと入るがここで思わぬトラブルが、
仲間の一人のアイゼンが靴からはずれているのである、直そうにも寒さでなかなか思うようにいかずそのうちバンドが切れてしまいてこずる、浅間湯の前を通り登山道にはいるが他の仲間は先に行ってしまうしなかなか追いつかなかった。
ほどなく本格的な登山道で急登となりやがて尾根道となる、雪は思ったよりも少ないがアイゼンを着けているので滑らず歩きやすい、しかし展望はぜんぜん駄目でうっすらと霧まででてきた。
人里峠でお昼となるが地面が濡れているので立ちながらの昼食となる、濱野さん差し入れのワインで乾杯!ご馳走さまです美味しいですね、ありがとうございます。
あいかわらず遠望はきかず只黙々と歩くのみ、浅間嶺付近の道はかなりの積雪で踏み跡をからはずれると靴が雪に潜ってしまい深みに入ってしまうので注意しながら歩く、峠の茶屋付近では雪がかなり少なくなる、時坂峠で少しばかり道に迷ったが4時少し前に払沢の滝入り口に着く、この尾根は全般的に起伏が少なく歩きやすいコ−スである。
払沢ノ滝はここから歩いて10分ほど薄暗くなりかけていたがこの
時期にしては水量の多さにびっくり、残念ながらごく一部にか凍結していなかった。
コ−ス  浅間尾根登山口〜数馬分岐〜一本杉〜人里峠〜浅間嶺峠〜茶屋〜時坂峠〜払沢ノ滝〜檜原村役場前