三頭山山頂で        都民の森Pで昼食の準備中 
初冬の三頭山&飛龍山登山
目次に戻る

三条の湯一泊登山

2004.11.27〜28

山仲間6人と27日朝7時半過ぎ晴天の東京千駄ヶ谷を車で出発、中央高速を通り上野原ICで降り上野原五日市線経由で奥多摩周遊道路から「檜原都民の森」へ9時過ぎに到着。

 ここは山梨県の百名山である三頭山を中心に森を楽しめるよういろいろな施設もありいつも多くの人で賑わっている、早々に身支度を整え鞘口峠に向かうが紅葉も終わり葉を落とした木々の枝越しに奥多摩湖を右手に眺め見晴し小屋、三頭山東峰を過ぎ11時半に三頭山(標高1,531m)へ、ここからの眺めは良く大岳山、御前山、鷹ノ巣山や奥多摩湖の眺望は素晴らしい。

今日は小春日和で暖かくて11月下旬とは思えないが、近くに見える山々はすっかり冬景色でありやはり季節である。 

帰りは「ブナの路」を下り紅葉の季節には一段と映える三頭大滝を見て駐車場に午後1時に戻り携帯コンロを使って真空パックのうどんを温め遅い昼食となる、お腹も空いていたので美味しい。

食後は周遊道路から青梅街道を通りお祭りから後山林道に入るが、道は狭く片側は深い谷になっているガタガタ道で所々すれ違う場所はあるが、運転には細心の注意が必要で40分ほどで終点となる、谷間のせいもあるのか午後3時なのに晩秋の日は短くなんとなく薄暗い。 

車を降り平坦な登山道を30分程歩き灯りがともる三条の湯小屋に4時に到着、大部屋を割り当てられるが先客は78人で比較的空いている。普段は一つの風呂を男女別に時間割となるが、今日は二つ沸かしているので割り当て時間はない風呂は山小屋としては大きく78人は入れる、当然ながら石鹸の使用はできなく汗を湯船で流すのみであるが贅沢など言っておられない入浴できるだけで良しとする。

風呂上りにまずは乾杯、楽しく山談義等をするうちほどなく夕食時間の6時となる。

食後は9時の消灯時間まで話し込んでしまう、夜中に外へ出るが満天の星空のもと月明かりもあり静かな森の夜でした。

             飛龍山山頂で         飛龍山山頂より望む富士山) 

朝食は6時からで30分後には出発となる、そしてすぐに急登となるそれにしても歩き始めは辛い、谷間なので太陽は顔をみせないのでまだなんとなく薄暗い、ここも木々の葉はすっかり落ちて雪はないものの完全に冬景色である、木橋を何度か渡り水場を通りひたすら登り続ける、左手に富士山が見えるようになるとほどなく北天ノタルに9時過ぎに到着ししばし休憩をとる、この付近は日陰にわずかに雪が見られた。
ここからしばらく歩くと分岐点があり我々は山頂の巻き道を通り
飛龍山(2,077m)到着したのが1020分頃、山頂の気温は10℃で暖かく木々の間から見える富士山の眺めも素晴らしい
食料を持ってきていないので休憩もそこそこに下山開始となる、ただ黙々と歩き山小屋には12時半過ぎに到着する、この山は人気がないのかパ−ティも少なく、雲取山からと三条の湯からの登山客が10数名程出会った程度の静かな山歩きでした。
車のおいてある場所まで戻り15分ほど走り塩沢橋のたもとで昼食のオデンパ−ティなる昼食の準備をするが、ガス欠等のトラブルもありオデンだけの遅い昼食となり午後6時に千駄ヶ谷駅に無事到着する。
 

紅葉には少し遅かったものの二日間とも風もなく快晴で静かな山歩きを楽しみました。
安全運転お疲れさまでした。