大岳山の登山
目次に戻る

2004.2.7

素晴らしい新緑を訪ねて

前日の寒さも和らぎ快晴で風もない絶好のハイキング日和となった4月25日の午前9時過ぎの奥多摩駅、山仲間7人がそろう。
身支度を整え出発、今日は
奥多摩駅〜(鋸尾根)〜大岳山(1,266m)〜(馬頭刈尾根)〜軍道まで約7時間歩行の長丁場である。
愛宕神社参道の急石段をさけて迂回路からの登山となる、1時間程杉林の中を進むと新緑の中に所々咲くミツバツツジ、ヤマツツジが緑に映えてすばらしい、右手には特徴あるピラミッ状の御前山が芽吹いた木々の間から見え隠れしている。
天聖神社を過ぎると急な階段や鎖場となり岩稜が続く、このあたりからパ−ティが二組になってしまい、先行組は12時に鋸山(1,109m)に到着し昼食となる、30分程してすでに昼食を済ませた後続組が到着し1時過ぎに大岳山に向けて出発。
日光が新緑の萌える緑の葉
を透かし柔らかな光線となって、紺碧の青空とのみごとなコントラストをつくりだす、全てが淡い緑に包まれる幻想的な世界、なんと素晴らしい自然の息吹なのだろうか?言葉で言い尽くしがたいほどのこの光景いつまでも続いて欲しい。
アセビやツツジの花に励まされ岩の突き出た急坂をようやく登り、2時過ぎに大岳山山頂に到着、眺望は大変良くて南西方向に富士を望むが霞みがかかりちょっぴり残念、30分ほど休憩し大岳山荘に向かうが、結局これから軍道駅まで4時間も歩くのは無理と言うことで芥場峠を通り御岳山を経由し4時半過ぎのケ−ブルカ−で降り、JR御岳駅近くの蕎麦屋で反省会、お疲れ様でした。
           ミツバツツジ            鋸山山頂で
        大岳山山頂直下の急登            大岳山山頂で