500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80
topportraitthoughtstudytalessyllabusBBSlinx

12月10日

 暫く、更新を休みます。



最新の随想録
2002年の随想録> >1月2月3月4月5月6月
            >7月8月9月10月11月
2001年の随想録

□今月の随想録□


12月8、9日

 最近は、本当に良いことがない。
 近しい人達と共に酒を囲んで色々話し、雪も降った。
 でも、トータルでは凹むことばかり。 暫く酒は呑まない事に決めた。


12月7日

 帰宅が今朝の11時。そのまま寝て、起きて、家庭教師に出かけて、また寝る準備。 なんて怠惰な生活。
 明日は剣道に試乗に、鍋でございます。


(↑わが家の猫。名前はペル。今日はやけに落ち着きが無く、 サーキットトレーニングのように家中を走り回っている。 ついには勢いよく、こんな所(洗面所の棚の中)へジャンプ!!)


(↑運動が終わると、いつものお気に入りの場所へ。)


12月6日

 金曜日はゼミ。大学へ行く。 先週とは一転、先週のあの恐怖はもう無いので、気楽なモノである。
 大学に着いたら、何やら見慣れない顔が(笑)。 まあ、帰国していたと聞いていたので多分いるとは思っていたが、 久しぶりの再会がてら、色々な話をする。 恐らく今月中か遅くても来月の上旬にはロシアに戻れるそうなので、 まあ一安心という所だろうか。
 ゼミの方は、どうも最近みんな時間にルーズというか、 今週は始業のチャイムが鳴ったときにゼミ生が半分しか教室にいない、 しかも発表者は遅刻してくる、等々。 でももっと気になるのは、これは集合時間の問題ではないけれど、 発表時間が20分と設定されているにもかかわらず、10分で発表終わってしまう、 逆に40分でも大分長いのに1時間もやってしまったりと、 自分の「与えられた時間」に対する感覚のルーズさである。 長すぎる、短すぎるなど「過ぎる」というのはあまり好きではない。 そして個人的には、これは何も時間に限ったことではなくて、 与えられた領域を最大限に生かして表現する事は重要なことである気がする。
 ゼミの後は、久々に夜を徹して麻雀に興じる。 帰宅は翌日の朝(?)11時。長すぎだって。


12月5日

 買ってしまった、、、。→

 一度結果が出ると、今度はそれを自分の口から、 今まで自分の進路を気に掛けてくれていた周囲の人達に報告しなければならない。 そういう作業はこういう結果の場合、もちろん快適な作業ではないので、 今日も引き続き気が重い状態が続いていたが、 先程、現在ケニアにて派遣員の仕事をしている先輩から、以下のようなメールをもらった。
(以下、許可無く勝手に掲載↓)

 メール拝受いたしました。残念でしたね。今後のことは あなたのことですから、自分でいい道を見つけるでしょう。

 ただ派遣員試験は、近年外務省専門職試験希望予備軍も 受けており難化傾向にあるそうです・・。
 自分としてはあと2回ぐらい挑戦してみる価値はあるの ではないかと思っています。

 もし海外に出ることを希望するなら協力隊などもいいかも しれません。
 また日本に帰ったら飲みましょう。人間万事塞翁が馬ですから。 前向きにがんばっていきましょう。

 人間万事塞翁が馬。
 良い言葉だ。
 最近悲観的なことが続いていたので、来年はきっと良い年になるに違いない。 幸/不幸なんて、所詮は気の持ちようだといつも思っていたことをようやく思い出した。
 もう一回、自分自身でよく相談してみないといけない。 とりあえず今日は、そんな気分。


12月4日

 第一志望進路の結果が送られてきた。
 不合格だった。
 第2志望以下の進路は考えていなかったので、これから早急に決めなければならない。 しかし、今はとりあえずそんなことを考えることの出来る精神状態にない。 とりあえず、冷静な思考能力を取り戻すまでは慣性に従って落ち続けることにする。
 何かが成就しなかった主要因は、いつも以下の2点だと考えている。

 1.縁がなかった。(←外的要因)
 2.努力が足りなかった。(←内的要因)

 このうち、反省を必要とするのは、無論後者である。
 ちなみに、自分は最善を尽くさなかったのかと言えば、そうは思わない。 きちんと計画を建て、試験までの期間にそれを疎かにしたことはない。
 しかし、では最善を尽くしたのかと問われれば、そうも思わない。
 それは、結果が出なかったからである。 結果の伴わない努力は、どんなに努力しても、「最善」たり得ない。 時に人は、「あんなに頑張ったんだから、、、」と労ってくれるが、 それは本人にしてみれば「ならば何故叶わないんだ」という想いがある。
 物事は必ず、まずは「結果」をもって評価されなければならない。
 どんなプロセスを経ても、「結果」がでればそれは評価されなければならない。 どんなに怠惰で人間的に問題があったとしても、正当な手続きの範囲内で 結果を残し続ける限りに置いては、ある程度の問題は不問に付される。 それは同じ「結果」を前にした場合、どんなプロセスも要求の達成という点に置いては 等価になるからである。
「結果よりもプロセスを評価」というのは、プロジェクトが失敗に終わった時に 移行する段階である。
 結果が出なかった、と言う時点で、始めてその失敗の原因を発見しなければならない。 当然、どういうプロセスがその「結果」に至ったかを分析する必要がある。 その中で好ましいと思われるプロセスについては積極的に評価し、 逆に問題を孕んでいると思われる部分については、当然修正される必要がある。 「本人の真摯に、直向きに取り組んでいた姿勢については評価できるが、 プランの建て方に問題があった」という評価だって、当然考えられる。 平たく言えば、その人は「無駄な努力」を一生懸命していた、と言うことも。
 結果のでない努力は、最善の努力たり得ない。
 悔いのない失敗や敗北など、欺瞞である。 努力は目標を達成するためにするモノであって、目標が達成できなかった時点で、 100%の満足に達することはない。 「あれだけやったんだからまあ良いか」なんて、ただ自分の失敗を美化して ダメージを軽減しているだけである。
 ダメージを、ストレートに受けなければならない。
 活かさなければならない。
 それによって、野望と意志と行動を超回復させることが、肝要である。
 今は、逃げてはいけない、、、。


12月3日

 引き続き部屋の整頓。
 モノの整理と机の上の改造が終わり、いよいよ仕上げに掃除機を掛ける。 わが家の掃除機はゴミセンサー搭載でゴミがあるポイントでは赤いランプが点灯するのだが、 ランプは終始点灯したままなかなか消えることはない(苦笑)。
 結局予定していた外出は止めて、夜は自室でトヨタカップを観戦。
 実はこの大会、あまり好きではない。 クラブ世界一を決める試合を、何故日本で開催するのか? といつも思うからである。 やっぱりホーム&アウェーで、地元の熱狂的なファンの前でやってこそ本当の意味で盛り上がるし、 選手もコンディション、テンション共に最高の状態でプレーできるはずだ。 ゴール裏に座っているサポーターがスーツ姿のチャンピオンシップなんて、見たくない。
 そういう意味では、先週同じようにTVで見たクラシコ (通称「スペインダービー」と呼ばれる、スペインリーグレアル・マドリードとFCバルセロナの 伝統の一戦)の方が、断然面白かったのだが、今年は例年よりも試合内容が素晴らしかった。 敗れはしたが、オリンピア(パラグアイ)は本当に良いチームだった。 前半、先制された直後のあのボレーが決まっていたら、試合はどうなっていたか判らない。 まあ、そういう「たら」「れば」がないのが勝負事なのだけれど。
 そしてこーたの言う通り、「奴ら(レアル)は卑怯」である(笑)。


12月2日

 とりあえず研究発表が終わった(逃げ切った)ので、バイトを再開。 今日から週4日(月〜木)の早朝バイトと、週5回の家庭教師(2家庭、日数的には3日)という 怒濤のバイト月間が始まる。 師走になったが、何も走り回るのは師だけではないのである。
 とりあえず、今まで勉強のために長きに渡って放置していたこの塵と埃と紙と本と衣服の散乱した 自室を久々に片付けるべく、100円ショップに買い物に出かけることから12月をスタートさせる。 部屋の整理を始めて間もなく、どうやらこれは一日では終わりそうもないと言うことに気付いて しばし絶望。。。自分はモノを捨てるのが非常に苦手な人間なので、部屋には常にモノが溢れている。
 結局中途半端にしか片づいていない部屋をそのままに、中学生に数学と英語を教えに出かける。 その後色々あり、帰宅したのは午前0時過ぎ。 結局整理整頓のために広げたモノの山の中で眠る。


12月2日

 とりあえず研究発表が終わった(逃げ切った)ので、バイトを再開。 今日から週4日(月〜木)の早朝バイトと、週5回の家庭教師(2家庭、日数的には3日)という 怒濤のバイト月間が始まる。 師走になったが、何も走り回るのは師だけではないのである。
 とりあえず、今まで勉強のために長きに渡って放置していたこの塵と埃と紙と本と衣服の散乱した 自室を久々に片付けるべく、100円ショップに買い物に出かけることから12月をスタートさせる。 部屋の整理を始めて間もなく、どうやらこれは一日では終わりそうもないと言うことに気付いて しばし絶望。。。自分はモノを捨てるのが非常に苦手な人間なので、部屋には常にモノが溢れている。
 結局中途半端にしか片づいていない部屋をそのままに、中学生に数学と英語を教えに出かける。 その後色々あり、帰宅したのは午前0時過ぎ。 結局整理整頓のために広げたモノの山の中で眠る。


12月1日

 朝から剣道をするつもりだったのだが、完璧な形で寝坊、、、。 起きたら既に、時計が2時を回っていた、、、。
 んで、雨も降っていたので結局何処へも行かず、 自宅で極めてまったり過ごす。 実は今日から運動を始めてこの不健康な生活から脱しようと思っていたのだが、 始まる前から挫折である、、、。
 そういえば、昨日家庭教師に行った時、中学3年生のテストを見て驚いたのだが、 自分たちが大学に入って「情報基礎」という名の科目で習ったコンピュータの初等教育は、 今や中学3年生の「技術」の内容として扱われている、、、。
 今これを読んでいて、「!!!」と思った人、何人もいるでしょう。。。 時代に置いて行かれる日も近い、とリアルに実感した瞬間だった。 頑張ろう、、、。


12月1日(未明)

 遂に師走です。まだ未明ですが。。。
 何故にこんな時間に書こうと思ったかというと、 興味深いコラムを2つ読んだからであった。 2つとも、Number Webに掲載された、 プロスポーツ選手の移籍に関する記事。3者3様のこのストーリーは、本当に興味深い。 皆様は、どう思いますか??

 10万人の敵。
 〔OTO's Mail〕 勇気ある裏切り者へ

 土曜の夜は長い。TVっ子である。
 今夜は、非常に色々な物語に触れたと思う。 そのどれもが自分の中に、何かを残してくれる。
 スポーツ、就職、戦争、沖縄、、、。全ての人の、心に、花を。


500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80